雲仙岳ロープウェイから紅葉を楽しむ!

Unzendake

 

日曜日はちょっと早起きして、朝日を眺めながら鬼池港からフェリーで出港です。

Unzendake

 

これは帰りのフェリーから見たイルカウォッチング船の様子です。残念ながらイルカはフェリーから見えませんでしたが航路の直ぐ近くまで回遊するんですね。

 

早崎海峡を渡り長崎県の口之津港には8時に上陸、R389→R57→仁田道路を北上し雲仙岳を目指します。

Unzendake

 

仁田峠第二展望台で寄り道、野山の山腹と平成新山、この日は良い天気で紅葉が朝日に映えて綺麗です。

Unzendake

 

仁田峠の駐車場待ちの車窓から雲仙ロープウェイと平成新山の様子

Unzendake

 

仁田峠の案内板から妙見岳

Unzendake

 

雲仙岳ロープウェイの上りの途中で1枚、有明海の向こうは熊本県の宇土辺りか?

Unzendake

 

ロープウェイすぐ上の展望台から平成新山、裾野は南島原市深江町辺りと火山と人の生活圏が近い事が分かります。

Unzendake

 

こちらは北側の妙見岳と国見岳、紅葉が綺麗です。実は1時間くらいハイキングして見ようかと上って来たものの頂上付近は冷たい北風が強く体感温度は低く防寒服も用意していなかったので早々に山を下りることにしました。

Unzendake

 

下りるロープウェイから1枚、バックは雲仙温泉街と橘湾の眺め

Unzendake

 

雲仙岳の紅葉時期は初めて訪れましたが鮮やかに色づいた山肌は見事でした。また、この日は天気が良く頂上からは360°の眺望を楽しむことができました。ただ、土日は混雑必死で早めの到着か、平日が無難のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です