日本最古のコンクリート電柱 #函館市

1923年に建てられたと言うから、95年も建ってる!

普通は道路の拡張などで建て替えられるものなのに、100年も街区が変わっていないことは驚きである。函館港は1859年(安政6年)に横浜港長崎港とともに日本国内で最初の貿易港(交易港)として開港したというから、外人居留地等が近いこの地区も最初から区画整理されたのだろう。

Japan's oldest concrete electric pole

 

近くで見ても、表面はキレイで大きな亀裂もなくとても良好な状態のコンクリート構造物だと分かる。

Japan's oldest concrete electric pole

 

現代の電柱といえば円筒形であるが、これは角筒形になっている。たぶんこの場所で基礎から鉄筋を組み、型わくを組み立て、コンクリートを打設したRC構造と分かる。先人達の技術力は素晴らしい。

Japan's oldest concrete electric pole

 

Japan's oldest concrete electric pole

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です