#ジンギスカン鍋 を購入してみた!

Genghis Khan pot

気まぐれでジンギスカン鍋をアマゾンでポチッてしまいました。中華製のバッタもんではなく、日本メーカーの本格的な鉄鋳物でI H専用です。ガス用と迷いましたがカセットコンロも買い足すのはちょっとですね。外径は22センチ、内径は20センチくらいでしょうか。外縁の高さが低いので野菜は多くは入れられそうになく1~2人用ですね。持つとずっしりと重くてスペシャル感が半端ない!。もともと美味しく肉を焼きたいと思ったのが始まりなので、ステーキ用なら大きさは問題なしです。

 

使用前にしっかり取り扱い説明書を熟読~

Genghis Khan pot

 

鉄製品につきもののシーズニングもやらないといけないようです。と言っても我が家にはIHヒーターしか無いので「洗う→乾かす→塗る→熱する→冷ます」を2回やって完了! 大丈夫でしょう!

Genghis Khan pot

 

 

では、さっそく調理です。微妙に膨らんだ鍋面にタマネギとオクラを敷いて~

Genghis Khan pot

 

 

その上に肉を乗せて、今回は予算と好みでせせりを使います。近所ではマトンは売ってありませんので~ (^_^;)

Genghis Khan pot

 

 

その上にもやし1袋で覆い、市販の塩ダレをかけて肉を蒸し焼きにしていきます。

Genghis Khan pot

 

 

縁に肉の脂と塩ダレ、野菜の水分が溜ってきました。

Genghis Khan pot

 

 

もやしはまだ焼けてませんが、せせりはもう食べれそうです。程よく脂がきれて美味しい。

Genghis Khan pot

 

 

ニラがあったのを思い出して追加してみました。

Genghis Khan pot

 

 

ゴチャゴチャと汚いですが ~(^_^;)    こ~んな感じで完食です。

 

鉄だから熱持ちが良いようで、IHの火力を弱めてもいきなり冷えることもなくじっくり肉に熱が入ります。次回はステーキ肉をボチボチ焼いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です