年輪

実家に立つ杉を伐採、数えたら60年近い自分の歳とそう変わらないと思うとなんか感慨深い感情が湧いてくる。

死んだ親父が家の風除けと話していたが、これ以上大きくなると手に負えなくなるので伐採やむ無しである。

しかし、これだけの杉が二束三文とは悲しい限りである。

Annual ring

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です